1. ザイロリックは便利な通販でお得に   >  
  2. 服用方法と注意点

服用方法と注意点

ザイロリック錠

ザイロリック錠はイギリスで開発された尿酸降下薬です。尿酸降下薬とひとことで言っても尿酸排泄促進薬と尿酸生成抑制薬に分類されるのですが、ザイロリック錠は尿酸生成抑制薬に該当します。

体内に取り込まれたプリン体は、尿酸産生酵素XO(キサンチンオキシダーゼ)と呼ばれる酵素が働き、尿酸に代わります。ザイロリック錠はその酵素の働きを阻害することで、尿酸ができるのを抑えてくれるのです。

ザイロリック錠は、痛風の症状が軽い場合には1日に200〜300mgを2〜3回に分け、食後に服用して下さい。症状が重い場合には、1日に700〜900mgを2〜3回に分け、食後に服用します。

ザイロリック錠は尿酸降下薬なので、痛風発作中に飲むと痛みが余計に酷くなってしまう恐れがあります。痛風発作は関節に溜まっていた尿酸結晶が急激に溶けだすことで起こるのですが、尿酸降下薬の作用により、もっと溶けてしまうことがあるからです。

ザイロリック錠は痛風発作が起きない限り毎日服用しますが、服用中に発作が起きてしまった場合は、直ちに服用を中断して発作が治まってしばらく様子を見てから服用を再開しましょう。

ザイロリック錠はアルコールとの併用は禁止されています。ビールなどのお酒類の飲みすぎによってプリン体が体内に取り込まれ、痛風発作の原因になることもあるので、なるべく禁煙に努めてください。ザイロリック錠では、他にも併用禁止薬があるので、持病などで他に飲んでいる薬がある場合は、一緒に飲んでも問題ないか確認しましょう。

副作用に発熱や食欲不振、胃もたれなどがあげられますが、症状が重い場合にはただちに医師の診察を受けるようにしましょう。ザイロリック錠は、用法・用量を正しく守って使用すれば、効果的に痛風を治療できます。